格安SIMにしてから驚くほど安く

三大キャリアを利用していた頃はパケット通信無制限のプランなどの影響で、月々の利用料金は1万円近くまで行っていました。これは誰でも一律で似たような料金となるものと思います。しかしそれに嫌気がさして格安SIMを利用するようにしてから、月々3,000円で収まっています。スマホ自体の購入費用を分割して考えても3,000円から4,000円程度は月々安くなったように思います。

私の利用している格安SIMは音声通話も可能なもので、契約時は三大キャリアで使っていた携帯番号をMNPでそのまま利用することができました。これで主だった人との通話は変わらず利用できますし、キャリアメールは使えなくなりましたが、事前にフリーメールをメインのメールアドレスとして利用するようにしたことで、特に不都合は感じませんでした。

決して安い料金ではない三大キャリアで受けていたサービスとさほど変わらない品質で利用できるようになっており、通話品質にも不満がありません。また格安SIMは三大キャリアの通信設備を使っているので電波のつながりにくさなども感じられるほどではありませんので、あとは手続きが面倒と感じるかそうでないかだけが、違いではないでしょうか。私は手間をかけることをお勧めします。

格安simの他にも、楽天 リボ払いをきれいさっぱり超節約で清算するなど、色々と家計改善に取り組めることはありますよね~。

どんどんやっていきましょう!

スマホ代を少しでも安くしたいです。

スマホ代は高いです。というのも格安SIMにしておらず携帯会社のスマホをそのまま使っているからです。

現在は様々な割引を最大限に利用しても6300円くらいです。

格安SIMにすれば大幅に割引になると言うのはよくわかっているのですが、今変更する予定はありません。

というのも外から電話する機会がものすごく多くて、今の携帯会社で電話がかけ放題のプランに入っていてこのメリットを最大限に活かしながら

一番安いプランを選択しているからこれで納得しているのです。

仕事で外にいることが多いこと、また身内の見舞いなどで病院へ行くことも多く、外からあちこちに連絡することが多いことから

電話代を気にせずに話せることが何よりも私にとっては重要な事です。相手にスマホにかけてもらうとお金がかかりますし、

こちらから相手にかければ相手も電話代も気にせずに話すことが出来るからです。

私にとっては通話をいつでも料金の事を気にせず出来ることがスマホを使う上で大事な事なので、データ通信は最低ラインのものを選択しています。

家ではWifiが使えますし外で動画を見たりしないので大きな枠は必要ないからです。

電話がかけ放題ということを考えれば、私にとって6300円はとても安いと思っています。

iijmioの格安スマホで2台持ちを実現

私は現在LGのL-05Dを使用しています。この機種はオークションで10000円しないくらいで入手しました。中古でしたが全く問題なく使用できています。私はドコモのガラケー愛用者なので、ガラケーを手放す気はなく、でもスマホも必要性を感じたので、2台持ちしています。

2台持つためにはガラケーは通話プラスたまにメール、スマホはデータ通信専用にする必要があるので、iijmioのsimを選びました。月々1000円くらいで2GBまで使用できるプランを契約しています。iijmioの良いところは、使用しなかったデータ容量を次の月に持ち越しできることです。

いろいろなプロバイダーから格安simが出ていますが、この価格で不使用分のデータ容量を持越しできるところは当時は無かったので即決でした。一か月あたりのデータ容量がもっと安いところはあるのですが、持ち越しできないと、使いすぎて利用制限がかかる可能性もあるため、そこが最優先条件で選択しています。

今のところ不具合もなく、毎月1000円のみで快適に運用できています。smsを付けていないせいか、セルスタンバイ問題が頻繁に発生するため、近々smsサービスのついたsimカードに変更しようか検討しています。

腸を元気に。

女性にとって強い味方の成分といえば、イソフラボン。
乳酸菌も女性には多い便秘を解消してくれるので強い味方なのですが、イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあるため女性には人気の成分のひとつです。

イソフラボンの効果は、肌の弾力度アップ、美白効果、保湿効果、ターンオーバーを整えるなど、お肌に良い効果があり、バストアップ効果や若々しさも保ってくれる効果があるそうです。

しかも、ダイエットにも効果があるそうで、食事後の血糖値の上昇を予防したり、体の中の脂質の吸収を防いでくれたり、脂肪をつきにくくしたり、腸内に長く留まり満腹感を持続させ、食欲を抑える効果もあるんだそうです。

ダイエットとなると、emsマシンなど外からのアイテムに目が行きがちですが、内からもやはり重要ですよね。

イソフラボンといえば、大豆、納豆、豆腐、豆乳、味噌、しょうゆ、きな粉など大豆製品が有名ですが、葛や甘草など植物にも含まれているそうです。

葛は、葛餅や葛きりなど甘味としても食べることも多いですからけっこう身近な食べ物ですよね。健康や美容を気にかけている時なんか、デザートは豆乳のものにしようかなとか考えたりもします。

カフェでも豆乳系のデザートは増えてきていますからやはり女性に人気なのでしょうね。